債務整理と個人情報保護

 

個人情報の漏洩について


昨今、「個人情報の漏洩」という問題が非常に多くなっています。仮に個人情報が漏れてしまうと、転用され新たな被害にあってしまうかもしれません。また、回りからの評判が悪くなってしまうこともあるかもしれません。
 

漏洩させないために


個人情報を漏洩させないためには、個人情報をあまり広めないということも大切ですが、同時に信用できる機関にだけ情報を提供することが大切です。
債務整理を行うと、借り入れの状況をはじめ、様々な情報を提供します。自身の個人情報を守ることを考えると、この相談をどこにすべきかが大きなポイントになります。
 

専門家にお任せを


そのようなときには専門家である弁護士に一声おかけください。国家資格を有した弁護士に依頼した際は守秘義務という、外部に一切情報を漏らさないという義務があります。この義務は公務員のほか弁護士や医師など特性上秘密の保持が必要な事業に従事している人にのみ課せられる義務です。
一方、不安が残るのは、債務整理を専門ではやっていない人。そのようなところでは、個人情報が漏洩してしまう危険があります。同時に、実は多額に請求されてしまった、など騙されてしまう危険性も否定できません。
以上のことより、弁護士などの専門家にしっかりと依頼することが、債務整理を円滑に、かつ個人情報を守る上では大切といえます。
 


バナー案②.JPG
弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
  その他の場合は事務所まで来ていただくことになります。

弁護士紹介2.png
ご相談の流れ.png
当事務所の所属弁護士による著書明治維新とあるお雇い外国人福島種臣後藤象二郎と近代日本斉藤隆夫 
講演のご依頼・著書をご購入頂く場合にはお気軽にお電話にてお問い合わせ頂けたら幸いでございます。お問い合わせは
054-251-1348まで!
(相談予約専用ダイヤル:0120-33-1348)

ImgLS8.jpg後遺障害ImgLS10.jpgImgLS150001.jpg破産サイトバナー図40001.png

労災バナー.png過払い金サイトバナー.png

事務所概要交通事故サイト概要MAP 詳細はコチラ
皆様のお役に立てるように・・・
私たちは依頼者にとって
最幸の結果を目指します。
お気軽にご連絡ください。
弁護士にご相談の方は
こちらまで
予約専用:0120-33-1348
(予約外ダイヤル:054-251-1348)