浜岡原発運転永久停止 第4次訴訟提訴

 当事務所は、発足以来、静岡スモン訴訟、遠州じん肺訴訟、静岡駅前ガス爆発訴訟、アスベスト訴訟、政務調査費返還訴訟等、数多くの公益訴訟を被害者や住民の立場に立ち担当してきました。
 
 人権の旗を高く掲げ、市民の皆さんと時代の苦悩を共有することを事務所運営方針の1つとする当事務所にとっては、それぞれが緊張を要する大切な事件でした。
 
 2011年3月11日、東日本大震災が発生し、東京電力福島第一原子力発電所がメルトダウンし、人々にコントロール不能の原子力の恐ろしさを印象づけました。
 
 静岡県御前崎市には浜岡原発があり、御前崎生活と健康を守る会主催で月1回開催される法律相談を担当している当事務所の弁護士にとっては、浜岡原発は危険な存在として常に意識させられていました。
 
 東京電力福島第一原子力発電所の事故が重大化するに及び、地元の御前崎市民の要請もあり、他の事務所の有能な弁護士を誘い、「浜岡原発永久停止駿遠弁護団(団長 田代博之弁護士)」を結成し、静岡地方裁判所浜松支部に浜岡原発運転永久停止の訴を提起しました。 訴訟は第1次から第3次まで提起され、原告は129名にもなっています。
 
 今後、浜松市民の方々を中心として第4次訴訟が提起される予定ですので原告は200名位になる予定です。
 
 国際司法裁判所の元裁判官で、国際反核法律家協会のウィーラマントリ氏は、原子力発電所の存続拡散は、将来世代への犯罪であり、人道法、国際法、環境法のあらゆる原則に違反するものだとして、「原子炉の便益を一方的に宣伝する情報の流れは逆転されねばならない。」「時間は尽きようとしている。どうか今行動して欲しい。」と述べています。
 
 この訴訟は大変な訴訟ですが、当事務所は全力をあげて取り組んでいます。第3次訴訟の訴状と、当事務所の大橋昭夫弁護士の提訴にあたっての所感がありますので、次に掲載させていただきます。
 
 なお、訴状の内、原告名は省略させていただきます。


東日本大震災及び原発訴訟に関する取り組み

大飯原発再稼働差止め判決と歴史的意義

静岡県原水協講演会にて「世界一危険な浜岡原発と廃炉に向けて語る」

浜岡原子力発電所運転永久停止請求事件 準備書面(2) 2012年6月

浜岡原子力発電所運転永久停止請求事件 準備書面 2012年3月

浜岡原発運転永久停止第5次訴訟提起のお知らせ

浜岡原発運転永久停止 第4次訴訟提訴

浜岡原発第3次訴状

福島原発放射能被害と原子力損害賠償法の仕組み

提訴にあたっての所感

無料講演会・法律相談会について

メディア掲載実績


バナー案②.JPG
弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
  その他の場合は事務所まで来ていただくことになります。

弁護士紹介2.png
ご相談の流れ.png
当事務所の所属弁護士による著書明治維新とあるお雇い外国人福島種臣後藤象二郎と近代日本斉藤隆夫 
講演のご依頼・著書をご購入頂く場合にはお気軽にお電話にてお問い合わせ頂けたら幸いでございます。お問い合わせは
054-251-1348まで!
(相談予約専用ダイヤル:0120-33-1348)

ImgLS8.jpg後遺障害ImgLS10.jpgImgLS150001.jpg破産サイトバナー図40001.png

労災バナー.png過払い金サイトバナー.png

事務所概要交通事故サイト概要MAP 詳細はコチラ
皆様のお役に立てるように・・・
私たちは依頼者にとって
最幸の結果を目指します。
お気軽にご連絡ください。
弁護士にご相談の方は
こちらまで
予約専用:0120-33-1348
(予約外ダイヤル:054-251-1348)