アスベスト被害110番のお知らせ

静岡市内ではアスベスト被害が増大していますが、これを救済するため、静岡県アスベスト被害対策連絡会議では下記のとおり、第4回石綿(アスベスト)被害110番を開催します。  

 
この電話をかけて救済されるアスベスト被害者やご遺族の方々が、毎回、数名います。アスベスト被害のことなら何でも回答できますし、料金も無料で弁護士や医療関係者がお答えしますのでお気軽にお電話下さい。
 


110image1.jpg

2010年12月1日 建設作業従事者アスベスト被害110のお知らせ

2010年11月12日、静岡市駿河区高松3067番地の5、岩崎 都(主婦、昭和24年4月20日生)、岩崎 忍(会社員、昭和47年7月3日生)、岩崎 満(会社員、昭和49年4月11日生)の3名が原告となって、静岡地方裁判所(事件番号 平成22年(ワ)第1649号損害賠償請求事件、民事第2部合議係属、山崎 勉 裁判長)に、国を被告として、亡岩崎 弘(左官、昭和22年3月6日生、平成16年1月6日死亡)が肺がんに罹患し、死亡したことは国がアスベストの使用を禁止しなかったことが原因だとして損害賠償請求の訴を提起しました。第1回口頭弁論期日が2011年1月13日午後2時30分と指定されています。
 本件訴訟は上記しましたとおり、亡岩崎 弘の妻岩崎 都、亡岩崎 弘の子供の岩崎 忍、岩崎 満の3名が国に対し、合計3850万円の損害賠償を求めて提訴したものです。
 亡岩崎 弘は、1961(昭和36)年3月、静岡市立高松中学校を卒業し、主として静岡市内の複数の個人経営の零細な左官業者に勤務し、死亡する直前の2003(平成15)年3月までの40年間余り、左官として働いていました。
 亡岩崎 弘の仕事は、主として静岡県内の建設工事現場において、大手ゼネコンや一般注文主の依頼に応じて鉄筋コンクリート造や鉄骨造、木造の建築作業に従事し、モルタルを壁、床等に塗って下地を調整していました。
 この際、モルタルの伸びをよくし、ひび割れを防ぐためにアスベストを含有した混和剤をセメントに混合する作業をしたために、セメント粉じんと共にアスベストの粉じんを直接体内に吸入することになりました。
 さらに、建設作業現場は木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造のいずれの場合でも、窓などの開口部は完全に閉じられていないものの、屋根、壁が取りつけられた半ば密閉空間であり、この中で左官の他に大工、電気工、配管工、塗装工、タイル工など他の職種の作業員が作業するため、他の作業員がアスベスト含有建材を切断、加工する際に飛散するアスベストを間接的に体内に吸入していました。
 このために、岩崎 弘は、直接、間接に体内にアスベストを吸入した結果、肺がんに罹患したものです。
 原告ら3名は、国が労働安全衛生法、建築基準法に基づき、アスベストやそれを含む建材の使用を禁止するという規制権限を行使せず、長期間、漫然とアスベストの使用を容認していたため、岩崎 弘が肺がんに罹患し、この国の規制権限不行使が不法行為に該当するものとして、国家賠償法1条1項により損害賠償を請求したものです。
 建設作業従事者である者が、国を被告として損害賠償請求の訴を提起したのは静岡県内で初めてです。
 すでに建設作業に従事した結果、石綿肺、肺がん、中皮腫等の重篤な石綿関連疾患に罹患したり、死亡したりした患者388名(原告数にして403名)が国や建材メーカーを被告として東京地方裁判所、横浜地方裁判所に訴訟を提起していますが、この訴訟はそれに続くものです。
 2010年11月24日に2009年度に労災認定された999のアスベスト労災事業場名を公表しましたが、静岡県内でも建設業、製造業などでアスベスト労災にあった労働者が存在し、岩崎 弘もその1人です。
 しかし、まだまだ実際の被害人数からしたら少数であり、静岡県内にも多数の救済されない被害者が多数存在すると予測されます。
 静岡アスベスト被害救済弁護団は、このような未救済の建設作業従事者に呼びかけて労災手続の申請をお手伝いしたり、本件訴訟に続く第2次訴訟を提起する準備を進めるつもりです。
 そこで、大工、左官、電気工、配管工、塗装工、タイル工等の建設作業従事者を対象として特別相談窓口を設け、下記のとおり、建設作業従事者アスベスト被害110番を開催することになりました。宜しく報道の程お願い申しあげます。


 1 日時  2010年12月4日(土)午前10時から午後3時まで
 2 名称  建設作業従事者アスベスト被害110番
 3 電話番号  054-202-8766
             054-202-8767
 4 相談料  無  料
 5 相談員  静岡アスベスト被害救済弁護団の弁護士9名
 6 相談の方法  電話による事情聴取
 7 臨時電話設置場所  〒422-8062 静岡市駿河区稲川2丁目2番1号
                         コハラサウスサイドビル7階
                     静岡県評内
 8 主催者  〒420-0839 静岡市葵区鷹匠1丁目5番1号
                           ノイエツァイト4階
                    弁護士法人鷹匠法律事務所内
                     静岡アスベスト被害救済弁護団
                             TEL 054-251-1348
 9 備考  2010年12月4日以降は鷹匠法律事務所(TEL 054-251-1348)
             に電話をいただければ受付けをします。

  2010年11月29日

〒420-0839 静岡市葵区鷹匠1丁目5番1号
NEUEZEIT4階
TEL 054-251-1348
FAX 054-251-5526
弁護士法人鷹匠法律事務所内
                   静岡アスベスト被害救済弁護団
                    団 長 弁護士 大橋昭夫


バナー案②.JPG
弁護士に相談される方は事前に電話にて相談日の予約をお願い致します。
※簡単な問題であれば、電話での回答もしていますが、
  その他の場合は事務所まで来ていただくことになります。

弁護士紹介2.png
ご相談の流れ.png
当事務所の所属弁護士による著書明治維新とあるお雇い外国人福島種臣後藤象二郎と近代日本斉藤隆夫 
講演のご依頼・著書をご購入頂く場合にはお気軽にお電話にてお問い合わせ頂けたら幸いでございます。お問い合わせは
054-251-1348まで!
(相談予約専用ダイヤル:0120-33-1348)

ImgLS8.jpg後遺障害ImgLS10.jpgImgLS150001.jpg破産サイトバナー図40001.png

労災バナー.png過払い金サイトバナー.png

事務所概要交通事故サイト概要MAP 詳細はコチラ
皆様のお役に立てるように・・・
私たちは依頼者にとって
最幸の結果を目指します。
お気軽にご連絡ください。
弁護士にご相談の方は
こちらまで
予約専用:0120-33-1348
(予約外ダイヤル:054-251-1348)